うちの子が剣道をはじめた!(4)礼

2018年2月5日




にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ   
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

『うちの子が剣道をはじめた!(3)すり足』

の続きでござります。

さて、入会してまずは、ひととおりの決め事を教わります。

武道といえば、”礼に始まり礼に終わる”のが基本中の基本。

全日本剣道連盟のHPにも、剣道指導の心構えの一つとして、「礼法」を掲げている。

いわく、

相手の人格を尊重し、心豊かな人間の育成のために礼法を重んずる指導に努める。

剣道は、勝負の場においても「礼節を尊ぶ」ことを重視する。お互いを敬う心と形(かたち)の礼法指導によって、節度ある生活態度を身につけ、「交剣知愛」の輪を広げていくことを指導の要点とする。

もちろん、まだまだ基本組(防具を着けることを許可されていない初心者)なので、ほんとに初歩的なもののみです。

・道場に出入りするときに、一礼。

・先生、関係者、父兄に会ったときに(会うたびにではなく、その日最初に会った場面で)、一礼して挨拶。

・稽古の始め(基本組用)

 ・一列に整列して神前に拝礼

 ・正座して先生に礼

・稽古の終わり(基本組用)

 ・稽古組もいるので、道場の端まで下がってから、大きな声で”ありがとうございました”と挨拶して一礼。

・竹刀や防具を決して跨がないこと

ちなみに正座の仕方ですが、 『左座右起(さざうき)』、つまり必ず先に左足を後ろに引いて折って正座します。反対に立ち上がるときには右足から起ちます。

座り方にも作法があるとは…全く知らなかった。

まあ、竹刀すら持つことを許されていない普段着のようなチビッ子たちが畳の上で礼をする姿はなんとも不思議ですが、とても可愛らしい光景ではある。

[ad#co-2]

 

 

Posted by ノビル